龍馬に大接近(秋)は令和元年9月28日(土)~11月24日(日)です。

桂浜の観光 【桂浜の見処についてリンクしています】

この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

桂浜公園周辺の観光について

桂浜の観光

桂浜観光をする上での主な見処について全てを網羅すべくインデックスしてるのがこの「桂浜の観光」ページです。

それぞれのリンク先で更に詳細な桂浜観光について説明していますので、この桂浜の観光ページからの閲覧を推奨します。

桂浜を観光する上での観光スポットや写真撮影の場所などについて確認した上で、各リンク先にお進みください。

桂浜を観光する上での1番の見処はやはり桂浜(本浜)の眺めだと思います。

碧い太平洋、五色の砂浜、青空に映える青松、そして土佐の荒波打ち寄せる竜王岬の四拍子が揃った上に、”桂浜”と描かれた石のモニュメントがある、桂浜ビューポイントが最高のスポットでしょう。

2番目の観光場所は土佐の幕末の英雄、坂本龍馬の巨大な銅像ですね。間近で見るとその大きさが実感できます。

そして、3番目の観光場所は、竜王岬(下竜頭岬)です。少し急な階段がありますが是非訪れてください。

桂浜の観光施設としては、新館も出来てリニューアルした坂本龍馬記念館、最近シュールになって突き抜けた感満載の桂浜水族館、及び浦戸城跡地の絶景に建つ国民宿舎 桂浜荘となっています。

桂浜での写真撮影スポットはココ

桂浜での浜辺の写真撮影スポットは、桂浜ビューポイント、龍馬の銅像の下の遊歩道、本浜中央周辺の遊歩道が桂浜を撮影する場合のベストポイントです。坂本龍馬の銅像は、もちろん正面からの撮影になりますね。竜王岬に上り桂浜(本浜)方面を祠と一緒に撮影するのが良いでしょう。

桂浜のインスタポイント
その他の写真撮影ポイントは、本サイト(桂浜.com)で一押しの、桂浜ベンチのインスタポイントです。

桂浜ビューから坂本龍馬の銅像に向かうスロープの終わり付近(龍馬像の右斜め後ろ)の海側に、ひっそりとあります。

ハッシュタグ、”#桂浜ベンチ” で投稿をよろしくお願いします。

 :

初めてこのサイトに訪れた方や、桂浜について初めて検索された方は、先ずは桂浜の散策地図で見どころや施設の位置関係などを確認して下さい。

桂浜の主な観光スポット(見処)にそれぞれリンクしています。以下のボタンのリンクをタップ(またはクリック)後に桂浜の観光スポットを詳しく説明していますので参考にしてください。

桂浜の散策地図

桂浜は桂浜公園として整備されキレイに保たれています。桂浜公園内の徒歩で巡れるスポットや観光施設などを当サイトオリジナル地図で紹介しています。
桂浜の散策地図
 桂浜の散策地図

坂本龍馬の銅像

高知が生んだ幕末の偉人。この龍馬の銅像前での写真撮影は桂浜観光のテッパンですね。傍らに立つとその大きさに皆さんおどろかれます。結構デカイです。
坂本龍馬像
 坂本龍馬像

竜王岬

竜王岬まで少し距離があるので歩くのに躊躇する人も多いようですが、ここからの景色は太平洋の雄大さを実感できるパワースポットだと言われています。
竜王岬
 竜王岬

坂本龍馬記念館

平成30年にリニューアルされ、また新館も建造されてますます充実した施設となりました。筆まめだった坂本龍馬の直筆の手紙なども展示されています。
坂本龍馬記念館
 坂本龍馬記念館

桂浜水族館

デハラユキノリ氏とのコラボで「おとど」のキャラクターが活躍しています。最近とてもシュールになり水族館らしからぬ突き抜け感があります。www
桂浜水族館
 桂浜水族館

桂浜公園の碑と跡地

うっかりすると見過ごしてしまう高知ゆかりの偉人達の碑や、長宗我部氏・山内氏の居城となった浦戸城に関連する跡地などです。散策地図を片手に。
碑と跡地
 碑と跡地

桂浜お土産物センター

桂浜公園の桂浜ステージ周辺には、大小10店舗のお土産物店があります。以下のリンク先で詳しく説明しています。

スポンサーリンク
\ この投稿をシェアする /
\ 桂浜.com をフォローする /
スポンサーリンク
桂浜まるごとガイド