• 龍頭岬の坂本龍馬の銅像

土佐の高知の桂浜 ー まるごとガイド

高知家の観光

桂浜ドットコムでは、高知の景勝地 桂浜の見どころや、桂浜周辺での食事処(ランチ)、桂浜への行き方(主にバスでのアクセス)や駐車場事情、桂浜のおすすめ情報や、桂浜周辺の宿泊施設や観光施設などを余すこと無く発信することを目的としています。

一般的に桂浜として紹介されている浜は、桂浜の本浜です。本浜の東(竜頭岬りゅうずざきより東側)を東浜、本浜の西(竜王岬りゅうおうざきより西側)を西浜と呼び、東浜、本浜、西浜の3つの浜を総称して桂浜と呼んでいるようです。

本浜は、まるで高知県の足摺岬から室戸岬までの海岸線をギュッと縮小した様な弓なりの形状になっており、太平洋の海の碧さと白砂青松はくしゃせいしょうに加え竜王岬の龍宮橋、そして竜王宮(海津見神社わたつみじんじゃ)の赤と白の祠のコントラストが映えて非常にバランスよく目に焼き付きます。

桂浜は、桂浜公園として整備されており徒歩圏内には、坂本龍馬記念館、桂浜水族館、国民宿舎桂浜荘などがあります。

日本語サイトが整い次第、多国語対応する予定です。

月の名所は桂浜

昔からお月見の名所としても知られ、中秋の名月の夜には地元出身の歌人・大町桂月を偲びながら文芸を語り酒を酌み交わす「名月酒供養」が開催されています。

余り知られていませんが、桂浜は日本の朝日百選や渚百選にも選ばれています。元旦には初日の出参りの地元の方や観光客で、かなりの人出があります。ちなみに、浦戸湾の対岸にある種崎千松公園は日本の白砂青松百選に選ばれています。

桂浜の由来

古くは嘉列浜、嘉列浦浜、勝浦浜などと記され、色の浜とも言われていました。浦戸城古図には「嘉津浦浜」、南路志には「勝浦濱」などと表記されているようです。

いつの頃よりカツウラがカツラと転化し、月の名所であることから月に生えると言われる桂の字が当てられ桂浜となった模様です。一説には土佐五代藩主、山内豊房の命名ともいわれれるようですが真偽は不明です。

桂浜の場所

JR高知駅(または、はりまや橋)からほぼ真南に位置しています。距離の目安が分かるようにJR高知駅から桂浜までの車のルートを表示させています。浦戸湾東側に沿う最短ルートではJR高知駅から桂浜までは、12.6Kmと表示される場合があります。


桂浜観光のお役に立てれば幸いです。 旅行ブログ 四国旅行

インスタグラム
スポンサーリンク
\ この投稿をシェアする /
\ 桂浜.com をフォローする /
スポンサーリンク
桂浜まるごとガイド