高知龍馬空港から桂浜へのアクセスとしてバスを利用する

スポンサーリンク

高知龍馬空港から桂浜へバスで直行する

高知龍馬空港(以下、高知空港)から、直接バスで桂浜を目指す方法について記載しています。

基本的には、高知空港から桂浜までの公共交通機関としてのアクセスとしては、バスの一択しかありません。

もし、高知空港に降り立ったアナタのグループが3名~4名の場合は、タクシーで桂浜に移動する方が良いでしょう。目安ですが3名だとほぼ同じ料金で、4名だとタクシーの方が割安になります。ちなみに、タクシー・ルートだと、海岸線近くを走るほぼ1本道で、距離は、16Km~17Km です。

では、バスで高知空港から桂浜を目指す方法について詳しく説明します。

高知空港からは空港連絡バスを利用します

高知龍馬空港の空港連絡バス

空港からのアスセスは、空港連絡バスになります。現在、とさでん交通と、高知駅前観光の2社が高知空港連絡バスとして運行しています。

ともに、JR高知駅までの運行ですが、とさでん交通の場合は2便のみ高知県庁まで行く便があるようです。

しかし、全ての空港連絡バスは、はりまや橋を経由しますし、通常は、はりまや橋で桂浜行きの路線バスに乗り換えるので、どの空港連絡バスに乗っても問題ありません。

数年前に高知南国道路が開通し空港連絡バスの殆どがこの道路を利用するようになり、高知市内までの移動時間が大幅に短縮されました。現在は、高知駅まで最短で25分です。
高知空港~はりまや橋(or 高知駅) ¥720

一般的には、はりまや橋乗り換え

空港連絡バスは、終点の高知駅まで乗車した場合と、はりまや橋で下車した場合でも運賃は同じです。

桂浜に向かう路線バスは、高知駅から乗った場合は、少しだけ運賃が割高になります。わざわざ遠くの高知駅まで行って路線バスに乗り換えるメリットがあるとすれば、始発バス停から乗れる程度でしょうか?

空港連絡バスと路線バスの乗り換えのためのバス停

空港連絡バスの、はりまや橋バス停は2つの降り場があります。

はりまや橋観光バスターミナルと、北はりまや橋です。路線バスの乗り換えに便利なバス停は、(はりまや橋の東にある)はりまや橋観光バスターミナルです。理由は、はりまや橋交差点の信号を渡る必要が無いから。

はりまや橋観光バスターミナル 空港連絡バス降り場

はりまや観光バスターミナル:MAP

はりまや橋観光バンスターミナル・バス降り場地図

はりまや観光バスターミナル:PHOTO

はりまや橋観光バンスターミナル・バス降り場
高速バスの降り場でもあります。

乗り換えるバス停までは少しだけ距離がありますが、乗ってきた空港連絡バスが向かう方向に歩くと、はりまや橋交差点がありますので、左に折れてください。すぐに、路線バスの乗車バス停(南はりまや橋)が見えてきます。

余談ですが、もし、空港連絡バスを降車し桂浜行きの路線バスの出発時刻まで30分以上あるのなら、北はりまや橋で降りて、「播磨屋橋」の赤い欄干をバックに写真を撮って、はりまや橋北の「蓮池町通」で桂浜行きのバスに乗る方法もご紹介しておきます。

高知空港から桂浜に直行するまとめ

  1. 高知空港から空港連絡バスに乗りはりまや橋観光バスターミナルで降りる
  2. はりまや橋観光バスターミナルから路線バスの乗り場である、南はりまや橋バス停まで歩く
  3. 南はりまや橋バス停から路線バスで桂浜に行く
  4. 高知空港に降り立ったグループが3人~4人ならタクシーで桂浜を目指す方が良い
  5. はりまや橋で乗り換え時間が30分以上あれば北はりまや橋で降りて播磨屋橋を見学し蓮池町通から桂浜行きに乗る

はりまや橋から桂浜に路線バスで行く

知寄町バス停から種崎行きに乗る方法もあります

桂浜に直接乗り入れしていませんが、浦戸湾対岸の種崎たねざき方面行きの路線バスも知寄町ちよりちょうバス停から乗り換えできます。以下では、はりまや橋から桂浜になっていますが、知寄町は経由バス停です。空港連絡バスと逆方向のバス停に移動して乗り換えしてください。空港連絡バスの降り場は知寄町で、路線バスの乗り場は知寄町二丁目になるハズです。詳しくはバスの運転手さんに聞くと良いでしょう。

スポンサーリンク
\ この投稿をシェアする /
\ 桂浜.com をフォローする /
スポンサーリンク
桂浜まるごとガイド