龍馬に大接近(秋)は令和元年9月28日(土)~11月24日(日)です。

春野の「かね春」でうな重を食す。タレは自分のお好みでかけて食べるのがこの店流です

この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

桂浜でランチにオススメするお店 - 春野の「かね春」でうな重を食す

かね春 店舗看板

高知市にも鰻の人気店は何店舗かあります。この「かね春」は高知市の西の名店と言って良いと思います。

桂浜から車で20分もかからないのでアクセスは良いです。ほとんど郊外の田園風景の中にあります。笑)

が、人気店故に週末はかなりの混雑があります。平日でも開店前には店頭の「順番待ちリスト」にかなりの人の名前が書かれています。

近年全国放送のテレビのロケで、お笑い芸人などが度々訪れて更に人気店となりました。

おばちゃん数人できりもりする、アットホームな「うなぎ店」です。

かね春 店舗外観

店舗はプレハブ風(笑)です。店頭の看板は見づらいので道路脇のピンクに白地の「春」の文字が目印です。

桂浜方面からだと左手になります。

ナビ登録は、電話番号が簡単だと思います。

「かね春」のうなぎの特徴

かね春 店舗入り口

国産うなぎを使用し、皮はパリッパリで中はふっくら。関西系なので蒸していません。秘伝のタレは少し甘めです。

近年うなぎが減少傾向にあり、あまり大きなうなぎを使っていないので、昔から比べるとちょとふっくら感は少なくなりました。

タレはご飯にはかかっていないので、テーブルのタレを好みに合わせてかけます。

肝吸いは無く、鱧吸いです。茶碗蒸しが固形では無く玉子のスープ状なので、公式サイトでも吸い物がわりにどうぞ。と、あります。

もちろん、うなぎは注文後に捌いて焼いています。

かね春のメニュー

かね春 メニュー

単品メニューも裏面にありましたが、桂浜ランチとして紹介するので、うな丼、うな重のみの方だけを写真に撮ってきました。

高知の他店人気店よりは少しだけリーズナブルです。(少しダケですが・・・)

うな重

訪問した日は蒲焼定食が無く、うな重(3,800円)となりました。うな重にはメニューの通り、茶碗蒸し、肝焼きが付いていますが、鱧吸いが無いので尋ねると、追加可能とのことでしたので、鱧吸い(+110円)を付けてもらいました。何故か鱧吸いはメニューにはありませんでした。

かね春 うな重+鱧吸い

かね春 うな重の添え物
添え物です。茶碗蒸し、肝焼きの他に、みかん2切れ、茶そば、キュウリの酢の物が付いていました。茶碗蒸しは具だくさんです。
かね春 うな重のタレと山椒
テーブルの上は非常にシンプルでした。タレと山椒、そして爪楊枝のみです。

その他の料理

以下は、後日に撮影した「かね春」のメニューです。

うなぎ丼

かね春(うなぎ丼)

かね春定食

かね春(かね春定食)

座席数

かね春 座席

カウンターx3人、8人x1、4人x3、小上がりの4人x4があります。

桂浜からかね春へのアクセス

かね春の店舗情報

店舗名 かね春
定休日 木曜日、第二、第四 金曜日
営業時間 11:00 ~ 14:30 (ランチタイム)
住所 〒781-0311 高知県高知市春野町芳原2569-1
電話 088-841-6650
駐車場 25台前後
リンク お店サイト Facebook Instagram 食べログ

桂浜観光でランチをお探しなら

スポンサーリンク
\ この投稿をシェアする /
\ 桂浜.com をフォローする /
スポンサーリンク
桂浜まるごとガイド