浦戸砲台跡 ー 桂浜公園

浦戸砲台跡 ー 桂浜公園

跡地脇の説明板より

この場所には、万治年間(1658~1660)に建設された浦戸の灯明台とうみょうだいがあって、夜間舟の出入りする時の目印になっていた。

寛永15年(1638)に外国船来航を監視するに土佐藩内4ヶ所に遠見番所がおかれ、正徳6年(1716)の記録によると浦戸にもおかれていた。

やがて外国船が日本近海に出没するようになり、文久3年(1863)には本格的な砲台城を構築した。

この場所は弾薬を貯蔵していたといわれている。

碑の文言
碑正面
碑側面
碑裏面
ウィキペディア(Wikipedia)

桂浜公園にある、浦戸城砲台跡

地図上の  3  の場所が、浦戸城砲台跡になります。

桂浜の碑と跡地の地図

スポンサーリンク
\ この投稿をシェアする /
\ 桂浜.com をフォローする /
スポンサーリンク
桂浜まるごとガイド