龍馬に大接近(秋)は令和元年9月28日(土)~11月24日(日)です。

桂浜の(廃墟ビル)うぶすな博物館がとうとう解体され始めました

この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

うぶすな博物館について

2001年から休館していて、ほどんど廃墟ビル状態だった桂浜公園の桂浜ステージ脇にある「うぶすな博物館」の解体作業がとうとう始まりました。

1996年から貝類やサンゴの展示を行っていた博物館だったようです。4,5年しか営業していなかったようですし「高知県うぶすな博物館」でググっても館内の様子はうかがい知ることはできませんでした。

携帯電話にデジカメが付くようになったのは、2000年ごろ。
そして、2001年か2002年(統計の区切り方による?)、デジタルカメラとフィルムカメラの出荷台数が逆転した。

出典:Yahoo!知恵袋

これを見ると、ちょうど銀塩(フィルム)からデジタルへの移行期だったみたいです。だからネットに館内の様子が出回っていないのかなと考えます。

↑あくまでも推測ですが・・・。

解体が開始された「うぶすな博物館」

高知県うぶすな博物館 (解体開始)

「とさいぬパーク」に関連する有限会社が所有していて施設は高知市から「施設設置許可」を受け1年ごとに更新する必要がありましたが、有限会社が設置許可を受けておらず撤去する方針を決めたとのことです。

スポンサーリンク

うぶすな博物館の解体スケジュール

高知県うぶすな博物館 (解体スケジュール)

撤去費用は約4,000万円になるようで、高知市は有限会社に対し費用の請求をするとのことですが、どう決着するのでしょうか?

ほとんど廃墟ビルだった解体前の「うぶすな博物館」

高知県うぶすな博物館 (解体前)

この記事を書いた人
taniYoka

桂浜から車で8分ばぁが自宅の高知市民です。高知の観光名所でありながら(地元目線で)桂浜について解説したサイトが少ないので勝手に色々書いてます。

\ 桂浜.com をフォローする /
ブログ
スポンサーリンク
\ この投稿をシェアする /
\ 桂浜.com をフォローする /
スポンサーリンク
桂浜まるごとガイド