龍馬に大接近(秋)は令和元年9月28日(土)~11月24日(日)です。

桂浜と坂本龍馬記念館・桂浜荘を結ぶ「野路菊の小径」を動画で紹介 – 道幅狭い景色良い

この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

桂浜と坂本龍馬記念館・桂浜荘を結ぶ「野路菊の小径」

桂浜の野路菊の小径(起点)
◆連絡遊歩道「野路菊の小径」坂本龍馬記念館(または桂浜荘)へ

坂本龍馬記念館や国民宿舎 桂浜荘へ続く小径は3本ありますが、その内の1つで一番の急勾配で小径としては難所となっています。

小径と言うよりは登山道(笑)ですね。

手すりはありますが足腰の弱い方やご高齢の方は、他の2本の小径から選択するようにしてください。

野路菊の小径の桂浜側の起点

この、野路菊の小径は竜宮橋の手前にあります。竜王岬は独立した岩場なので竜王岬展望台からはそのまま行けず、一旦降りて登り直す必要があります。

桂浜の野路菊の小径(起点から少し上る)
◆野路菊の小径の桂浜側の起点(竜王橋の手前)

この階段が小径の始まりになります。3分2の道程は急な階段が続きます。一般的な段差の2倍ほどの段差がある階段もあります。

野路菊の小径は、急勾配で道幅も他の2つの小径と比べると一番小さくなっています。特に狭い場所では大人が歩きながらすれ違うのは無理だと思います。

桂浜の野路菊の小径(左から右へ)
◆急な階段が続く

桂浜の野路菊の小径(右から左へ)
◆急な階段からゆるやかに

桂浜の野路菊の小径(ゆるやかな階段を登る)
◆高知灯台下の広場(昭和初期に「桂濱閣」があった場所)

階段が終わると高知灯台の下辺りの広場にでます。その場所から砂利道の坂を少し歩き県道に出て右折すると、龍馬記念館前のバス停があります。

この龍馬記念館前のバス停以降は、他の小径と共通のルートになります。

【桂浜 野路菊の小径の全動画】

後日にアップします。

スポンサーリンク
\ この投稿をシェアする /
\ 桂浜.com をフォローする /
スポンサーリンク
桂浜まるごとガイド