龍馬に大接近(秋)は令和元年9月28日(土)~11月24日(日)です。

桂浜の竜王岬は実は地続きでは無く(ほぼ)独立した岩山です。だから龍宮橋があるのです

この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

竜王橋は何故あの場所にあるのか

桂浜の竜王岬と龍宮橋(1)

桂浜ビューポイントや桂浜の本浜ビーチの遠方から竜王岬を眺めると、あたかも桂浜荘や高知灯台方面からそのまま地続きであるように見えますが、実は、竜王岬は独立した岩山です。

だから、竜王岬下の遊歩道には白い橋(龍宮橋と言います)がかかっているのです。

これは、竜王岬方面まで歩いて行かないと中々判りません

本サイトでは桂浜の1時間観光コース(サクッと桂浜コース!)でも竜王岬の竜王宮(海津見神社)、そして早高神社(竜王岬展望台)の観光を組み込んでいます。

竜王岬って実はこんな形だったんだ!?

桂浜の竜王岬と竜王橋(2)

を、是非確認して観光をしてみてください。※龍宮橋からでも確認できますが本投稿時点では竜王岬への立ち入りは禁止されているので、ドローン空撮での写真を使用しています。

せっかく、桂浜に来たのなら竜王岬は見学するダケでなく階段を上がって太平洋の大きさや竜王岬から見た桂浜(本浜)を眺めて見て下さい。

きっと、思い出の幅が広がるハズですから・・・。

竜王岬が独立岩なので・・・

竜王岬からは野路菊の小路(地図はこちら)があり、高知灯台付近を通り坂本龍馬記念館や桂浜荘に向かうことができます。

竜王岬が独立岩なので竜王宮や早高神社を見学し野路菊の小路を通る場合は、一旦、桂浜ビューポイントや桂浜のビーチから見える階段を下りて、竜王橋を渡り直し手前の階段から上り直さないといけません。

スポンサーリンク

上り直すことに加え、野路菊の小路には非常に急な階段(1段のステップが膝の高さ位ある箇所)もあるので、この小路から坂本龍馬記念館や桂浜荘へ行くことは推奨していません。

かつては桂浜(西浜)へも行けたのですが

桂浜の竜王岬と龍宮橋(柵がある)

上の写真は、花街道側から桂浜(西浜)を歩き竜王岬まで行って際の通行止の柵です。桂浜(本浜)方面にも柵があります。

かつては、この岩の間に遊歩道が整備されていて、桂浜の本浜から西浜に行くことも出来ていたようですが現在は2つの柵によって閉鎖されており花街道方面に行くことは出来なくなっています。

「落石危険 通行止」の案内があるようですが、この場所で落石なんてあるのかな?

西浜も綺麗なビーチですが、もっと観光客目線で桂浜公園内を整備して欲しいと願うばかりです。

竜王岬への観光を組入れた2つのモデルコース

一時間前後で桂浜を観光するモデルコースです。
 サクッと桂浜コース!
五時間前後で桂浜を観光するモデルコースです。
 どっぷり桂浜コース!

この記事を書いた人
taniYoka

桂浜から車で8分ばぁが自宅の高知市民です。高知の観光名所でありながら(地元目線で)桂浜について解説したサイトが少ないので勝手に色々書いてます。

\ 桂浜.com をフォローする /
ブログ
スポンサーリンク
\ この投稿をシェアする /
\ 桂浜.com をフォローする /
スポンサーリンク
桂浜まるごとガイド