豪気節の歌碑 ー 桂浜公園

スポンサーリンク

Gokibushi Monument ( A Plucky Song )

坂本龍馬像の後方東側の旧制高知高校歌碑のさらに後方にあります。
豪気節の歌碑

碑脇の説明板より

豪気節ごうきぶし(旧制高知高校 第1回生)余田弦彦よでんつるひこ 作詞

一ツトセ 一人のあのが恋しけりや潮吹く鯨で気をはらせ
               そいつ豪気だね
二ツトセ 故郷忘れょか若き身に桂の浜に星が飛ぶ
               そいつ豪気だね
三ツトセ 南の海や土佐の国革命と自由の生れし地
               そいつ豪気だね
四ツトセ 善し悪し騒ぐな野暮な奴飲めや歌えやはね廻れ
               そいつ豪気だね
五ツトセ 意気は尊い血は燃える黒い女にゃ慕われる
               そいつ豪気だね
六ツトセ 無為にや過さぬ三年の元気はみ国の宝なり
               そいつ豪気だね
七ツトセ 泣いちゃいけない気が弱い二十世紀に吼ゆる身じゃ
               そいつ豪気だね
八ツトセ 優しい心もないじゃない浦戸の沖に鳴く千鳥
               そいつ豪気だね
九ツトセ この浜よする大浪はカリフォルニヤの岸を打つ
               そいつ豪気だね
十 トセ 時は永劫えいごうじゃ常夏とこなつの土佐の高校の胸の意気
               そいつ豪気だね

高知高等学校第1回生、余田 弦彦は、熱血の詩人で、高知にも多くの逸話と寮歌を残したが、京大法学部在学中に、惜しくも病没した。彼の歌の中で、一番愛唱され、日本中に有名になったのが、豪気節である。
「この浜」で、焚火のまわりに肩を組んで、豪気節を歌い、樽酒を汲む三春の行楽、中秋の観月は、高知高校生の血を湧かせ、生涯の思い出となる年中行事となった。

「カリフォルニアの岸」は、当時としては極めて壮大な、青年の気宇を表すものである。

碑の文言
碑正面 この浜よする大涛はカリフォルニヤの岸を打つ
碑側面
碑裏面
ウィキペディア(Wikipedia)

桂浜公園にある、豪気節の歌碑

地図上の  7  の場所が、豪気節の歌碑になります。

桂浜の碑と跡地の地図

スポンサーリンク
\ この投稿をシェアする /
\ 桂浜.com をフォローする /
スポンサーリンク
桂浜まるごとガイド