大町桂月記念碑 ー 桂浜公園

スポンサーリンク

Monument in Memory of Keigetsu Omachi

大町桂月おおまちけいげつ 桂浜ビューポイントの直下にあります。
大町桂月記念碑

碑脇の説明板より

大町桂月(1869~1925)は高知市出身の文人。

名は芳衛よしえ。雅号桂月は月の名所桂浜に因み、桂浜月下漁郎かつらはまげっかぎょろうを縮めたもの。明治29年東大国文化卒。在学中から能文をもって知られ、その文業は、美文、韻文、随筆、紀行、評論、史伝、人生訓など多彩、著書200余冊。

漢文を骨格に和文の衣裳で練り上げられたその文章は平明自由、一世を風靡した。終生酒と旅を愛し、酒仙とも山水開眼の士とも称された。仙味を帯びた飄逸洒脱ひょういつしゃだつの人格はその文章に色濃く映写されている。

小説以外の分野では桂月の文章ほど広くかつ長く愛読されたものはない。

この碑の側面に刻まれた「見よや見よ。みな月のみのかつら浜 海のおもよりいづる月かげ」の歌は、大正7年、38年ぶりに故郷の土を踏んだ桂月が、愛弟子の田中桃葉たなかとうようとこの桂浜に遊んだ折の作である。

碑の文言
碑正面 桂月先生記念碑
碑側面
碑裏面
ウィキペディア(Wikipedia)

桂浜公園にある、大町桂月記念碑

地図上の  6  の場所が、大町桂月記念碑になります。

桂浜の碑と跡地の地図

スポンサーリンク
\ この投稿をシェアする /
\ 桂浜.com をフォローする /
スポンサーリンク
桂浜まるごとガイド